Let's Enjoy Our Moment!

新年度になり早くも一ヶ月が過ぎました。コロナ禍でなかなか見通せないところもありますが、音楽に触れ、今できるパフォーマンスを楽しんでいきたいと思います😎

Music Party!の繋がりで、楽しいイベントや練習会、交流会などが様々に催されていますが、その中の一つ、リモート練習会が昨年よりステップアップしてスタートしています。

大曲、山形、横浜、小田原の4拠点を中心にいくつかのプランが動き出しています。そして.....見学者も来て下さり、すでに一緒に参加を始めているプレーヤーも!”Hybrid”をキーワードに、私たちのプランをお伝えしていきます。  


Enjoy our Sunday morning!

それぞれの地域環境、参加者の状況、そして天気(!)にも合わせて、野外や人数に対し広めの会場で練習を行っています。オンラインで練習を繋げていて、その場所に足を運べない人でも参加可能です。状況的に音出しができない人もいますが、それぞれが工夫しながら、同じ時間を一緒に楽しんでいます。5月のスケジュールは、

5月2日
5月16日
5月23日

オンライン練習会は9:30に集まり、気持ちを盛り上げて12時まで、ブラス、パーカッションそれぞれ1時間程度行います。会場でもオンラインを用いることで距離を保ち、より安全に練習できる様に工夫しています。(より詳細なスケジュールについては、4拠点それぞれのグループにより異なりますので確認ください)
Hybridなところ〜In-person(対面)でもOn lineでも!  


Songs!

♪ブラスアンサンブル
♪ブラスとパーカッションでアンサンブル

3つの音楽に取り組んでいます。
Hybridなところ〜アンサンブルでライブな音を楽しんだり、録音録画でコラボ映像を作成して楽しんだり。  


Music together!

初夏の空気が気持ちいい野外で安全に、演奏できる機会をそれぞれの地域で企画しています。スクールバンドとコラボし、距離を保ちながら時には生音を届け音楽を楽しむ、そんな企画も始めています。
Hybridなところ〜練習と音楽披露する機会を組み合わせます!

Percussion Friends企画始動!

2020年度はオンラインレッスン・練習会を通じて、みんなで1つのコラボムービーを作成して楽しみました。


今年度はそれを活かして更にレベルアップしたパフォーマンスを実現したり、コラボムービーを幾つか作成したい!と参加者から希望があり、計画をしています😊

そしてHybridに✨それぞれの場所・団体で発表できるショー、集まれなくてもオンラインや動画で発表できるドラムライン、また、誰でも簡単に真似できちゃうお楽しみ動画、などなど!!

去年よりも盛り沢山な内容で進めています😆

第2回・マーチング・ラウンドテーブル

先日4都府県を対象に、再び緊急事態宣言が発令されました。コロナ疲れというワードも行き交う様になってしまいましたが、少しでも心穏やかに、余暇である音楽活動の中で、できることを楽しんでいきたいと考えています。私たちはオンライン会議(Zoom)を用いて、各地の仲間たちと時間を共有し、状況を伝え合ったりアイディアを共有する第2回ラウンドテーブルを開催しました。(SBA Team SNS 美斉津レポート)

-----------

小学校バンドの卒業生が集まって新しい活動を企画している新しい話から、今年はハイブリッドでできることをやっていこうというアイディアの交換まで。無理なく集まれる時に、気候の良い頃にアウトドアでアンサンブルを行なって、できれば地域の方に披露しながら、状況によっては自宅からオンラインでポイントを絞って練習する方向など、様々に話が展開していきました。

私たちは、つい"形"にこだわり過ぎてしまうということ、掘り下げた話も展開しました。発表の機会や練習の方法など、新しいアイディアが求められ試せるタイミングでもあるのに、どうしても今までと同じ形の中に押しとどめてしまう。既存の形だけではなく、見えないルール=今までこうだったから、ということなども。立ち止まって、理由を掘り下げること、そこから始めていこうという話題が出ました。

-----------

一つの団体が活動を始める時。最初に集まった仲間はコミュニティが出来るけれども、後から入ってくる人たちはその結果や表面的な部分の憧れから行動していきます。その差が幅や広がりとなれば良いのですが、後から追う人はどうしても形を追い、どこか背負う様な形になりがちということ。これから仲間になってくれる方々とは、活動の芯の部分を意識してコミュニケーションを取りながらやっていきたいという意見。

周囲の環境がこれほど大きく変わると、どうしたら良いのだろう?と悩むことも多いのですが、ラウンドテーブルではそれも共有して構えず話してみる、するとアイディアが出てくる楽しさがありました。

TAIKO~Rhythm in Motion

TAIKO~Rhythm in Motion~(TAIKO RM)、2019年4月に秋田で開催したパーカッションのワークショップとステージパフォーマンスのイベントは、その後どの様な活動につながっていっているのでしょう。Sesnsational Zip 代表の武藤さんにインタビューさせていただき、その時を振り返りや、その後についてのお話を伺いました。(インタビューアー・中西)

English version>>

●イベントの経緯

秋田では、マーチング活動でつながっている方々と、地域でのイベントをいろいろ試しながら開催してきています。TAIKO RMとプレミアム交流会〜 秋田マーチング&バトンショー、一見別々のイベントのようですが、私たちSesnsational Zipも関わらせていただきながら、同じ地域の先生方と協力して開催に至りました。

前例のないイベントに注目していただくことはなかなか難しく、ワークショップに参加くださった人数は多かったのですが、ステージショーについての集客が十分であったとは言えませんでした。

しかし、そこで新しく出会ったパーカッションプレーヤーの皆さんとの絆が、2020年のオンライン交流会(SMP!)開催へと繋がり、大きな原動力となりました。


 ●コロナ禍で

2020年はコロナ禍でこれまでの様な活動が難しくなりました。しかし、以前から『自分たちの状況に合わせた活動の楽しみ方』を模索していた私たちには、TAIKO RMでの経験を生かすことができました。コロナのせいで、ではなく、コロナをきっかけに様々に試すことに思考を広げることができました。

コロナ以前にも、TAIKO RMを通じて、BGMに合わせてドラムの生演奏をしたり、国際交流〜タイで活躍されているカセムさんとの関係をもてたり、大窪先生にご指導いただいてのドラムラインなど、新しいことに様々挑戦してきました。それをヒントに、コロナ禍でのニューノーマルとして自然と移行することができ、2020年のオンライン交流での成果となりました。


●プロとアマチュア、地域を越え一緒にプレーする機会

『大会の様な枠組みではないイベント』ということもあり、プロパフォーマーと共に音楽演技を楽しむことができました。自分たちだけではできない経験をたくさんさせていただき、メンバーはより一層パーカッションの楽しみを感じた様です。

TAIKO RMでは秋田の外からのパフォーマーも多く参加してくださいました。共に演奏することの楽しさを実感し、それをさらに周りに伝えていくという、良い空気感が生まれています。地域を超えて様々な団体から参加した人たちが、現在は自分の団体でリーダーとして活動していますが、オンラインでは距離に関係なく一緒に練習を行うことができます。コロナ禍で必要に迫られたオンラインシステムの利用の必要性が、すでにあった人のつながりを生かすことになり、新しい練習会を生むことになりました。

それぞれの団体で、新しい世代のリーダーが生まれていることが率直に嬉しい。そして、新しい可能性が芽生え、マーチングを通じて互いに学び合っていくことができるということを、メンバーと共に感じ、活動を前に進めています。

TAIKO~Rhythm in Motion (English version)

 TAIKO~Rhythm in Motion~(TAIKO RM), the percussion workshop and stage performance event held in Akita, Japan, in April 2019, has led to what kind of activities since then? I interviewed Mr. Muto, the representative of Sesnsational ZIP. I asked him about the event and what he has done since then. (Interviewer: Emiko Nakanishi)

●Background of the event

In Omagari, Daisen City, Akita Prefecture, we have been trying out various events in the community with people who are connected through marching band activities. TAIKO RM and Premium Exchange Party - Akita Marching & Baton Show, at first glance, seem to be two separate events, but S.Zip was also involved in the event and collaborated with teachers in the same area to organize it.

It was difficult to get people to pay attention to an unprecedented event, and although the number of people who attended the workshop was large, we were not able to attract enough people for the stage show. However, the bonds we formed with the new percussion players we met there were a big driving force for us to organize the 2020 online social event (Sirius Music Party!).

 ●Under the circumstances of COVID 19

COVID 19 infection spread in 2020. It was difficult for us to do the same activities as before. However, we were able to make use of our experience at TAIKO RM, as we had been looking for ways to enjoy activities that fit our situation. We were able to expand our thinking to try various things.

Through TAIKO RM, I have tried many new things such as live drumming to background music, international exchange - I was able to have a relationship with Mr. Kasem who is active in Thailand, and a drum line under the guidance of Mr. Okubo. With this as a hint, we were able to transition naturally to the new normal. 

●Opportunities for professionals and amateurs to play together

As it was an "non-competitive event", the members were able to enjoy the musical performance with professional performers. We were able to experience something that we could not have done on our own, and the members enjoyed percussion even more.

Many performers from outside our area participated in TAIKO RM. A good atmosphere has been created in which people can experience the joy of performing together and further pass it on to others. People who participated from various groups across the region are now working as leaders in their own groups, and online we can practice together regardless of distance. The need to use the online system, necessitated by the Corona disaster, has led to the creation of new practice sessions, taking advantage of the human connections that already existed.

I am frankly happy that a new generation of leaders is being born in each group. I also feel with the members that new possibilities are sprouting and that we can learn from each other through marching, and we are moving forward with our activities.

ラウンドテーブル(意見交換、フリーディスカッション)を開催しました

2020年シーズンは、いつものように練習会場に集まって皆で練習することが難しい時期がありました。そのような状況下でもリモートシステムを使って複数の団体が協力し、練習会を行なっていきました。 

SBAでは、団体のリーダー的な方々が参加するDirectorチームがあり、MP!開催や情報交換を行なっています。音楽を楽しみたいという共通の思いのもとで、単体では行き詰ってしまいがちなことも枠を越えて話し合い、それぞれ補い合ったり力を出し合っています。

2月に入り、連絡を取り合う中で「引き続き連携し、お互いの状況を共有することで次のシーズンに繋がることが見つけられれば…」と言う提案がきっかけで、ラウンドテーブルの機会を設けました。そこでは互いの"今"を伝え合う気軽な話から始まり、質問し合ったり、アイディアを出し合ったりと自然と話が進んでいきました。

話してみて…それぞれが感じていた以上に、課題や問題、やってみたいことが共通していました。自分たちだけが悩んでいたのではないと感じてほっとしたり、案外軽いことに感じたり。さらには、「これまでは受け身でいることが多かったので、2021年は自発的に進んでいきたいよね!」との前向きな話にも。とても有意義な時間を共有することが出来ました。

今回はSMP!運営に関わるオフィシャルな機会ではなく、フリーに、集まって話をしてみましょうという流れでしたが、形に拘らずできる時にコミュニケーションを取る機会を広げ、皆で楽しみながら、それを音楽にのせていければと思います。

ぜひ、Twitterやブログ等のSNSを通して各チームの今後の様子もご覧ください。

2020 SMP! Photo Album

2020 Sirius Music Party! Photo Album を更新しています。>>クリック!

 

オンラインでライブイベントで例年の様な写真ではありませんが、参加者、参加グループの紹介や活動の様子の写真を掲載しています。集うことは適わずとも、お互いに思いやり、音楽を通じて心を通わせて同じ時間を過ごしたホットな時間は、私たちの深い思い出となりました。 参加グループの、2020年度の間の活動の写真も追加掲載し、共有していきます。

2021 → 2022

2020 Sirius Music Party!開催から一ヶ月が過ぎました。2021年の年明けには都市部を中心に緊急事態宣言が再び出され、地域、仕事や学校など生活環境によって対応が異なる難しい状況が現在も続いています。

多くの人が一つの場所に集まることが難しくなった2020年。音楽はライブで、一緒の空間で楽しめるのが楽しい、このことは変わらないように思いますが、安全を最優先にし、今できること・今だからやれること、そして、皆で楽しめることを考えました。

コロナ禍で多くの人が使うようになったリモートコミュニケーションツール。以前から遠い地域の団体との交流などで使用してきましたが、特に2020年は積極的に用い、様々に試行錯誤してきました。年末のSMP!はそれらのアイディアをパズルのように組み合わせ、楽しい時間を共有していきました。

リモートコミュニケーションは、できなくなったことの応急策のイメージが強く、また実際にそういう形で用いられることが多いのかもしれません。しかし、私たちは新しい生活様式を取り入れ安心して生活できる日を願うのと同じく、少しでも、小さくても「今までにない新しい発想を楽しむことができれば」と工夫してみました。

 集まれる状況にあるグループは、もちろん安全に配慮して集まり、しかし移動せず自宅から参加した方もいました。海外からも、まさしくボーダレスに集まって声を掛け合う瞬間には、今まで体験したことのない喜びが生まれました。

同じ時間を共有する面白さも体感しました。録画を見るのとはまた違う、オンタイムでのパフォーマンスは例え画面の向こうであってもパフォーマーの気持ちが強く伝わってくるようで、思わず拍手をしてしまいます。その拍手はパフォーマーに伝わっていきます。今までにない体験は、音楽・パフォーマンスの魅力を再認識するような、心に残る思い出となりました。

2020 SMP! レビュー>>

2021年、私たちはコロナ感染の1日も早い終息を願い信じていますが、withコロナの世の中でもそれぞれがやれることを楽しみながら、そして、一緒に楽しめる場面を共に考えながら前に進んでいけたらと思っています。

February: Roundtable to discuss activities for 2021-2022

2021年2月はRoundtable〜円卓を囲むように、皆で向き合って話し合いを重ねていきます。