Happy Holidays!

2021シーズン。バンド活動では様々な制約もありましたが、できることを工夫し協力して進めてきました。それまでにない環境だからこそ気づけたことや、遊び心でやってみたことが想像以上に面白かった事もたくさん!そして年末のSirius Music Party!では、たくさんの笑顔と素晴らしいパフォーマンスに触れることができました。

May you have a wonderful holiday season!


Message

2021年を振り返ってみると、1月8日に緊急事態宣言が発出され、新型コロナウイルス感染症への対応を常に考えつづけながらの1年でした。昨年は、未知のウイルスになすすべもなく、様々な活動やイベントを中止せざるを状況でしたが、今年は、どの組織、団体も感染症対策を行いながら工夫して活動を行っていたのではないでしょうか。仲間と音楽ができたり、活動できたりすることの喜びや、ありがたさを改めて感じた1年でした。

そうした中で昨年に引き続き、12月5日、19日と2回にわたって、Sirius Music Party! (以下SMP!)をとても良い形で開催することができました。

リモート(Zoom)で集う機会では、音楽著作権やプライバシーの都合から、参加団体のみ互いに発表し合う形までで、広く一般に公開することが適いません。実際のところをお伝えしきれないのが残念ですが、関係者の皆さまには日頃支えていただいていることのお礼と、無事に終了したことをお伝えさせていただきます。

今年のSMP!では、感染防止に配慮しながら集まって演奏するチームもあれば、プレーヤーが自宅から参加したりすることも可能でした。当日、その時間帯が難しい場合は、事前に映像を送ってくださる方もおり、それぞれの形で自由に参加することができたことも良かったと思います。

全国的にみると、エリアによって感染状況も違い、昨年と比べることライブでの発表の機会も増えてきました。そこで、地域でのイベントでの発表の映像や、大会のための録画などで参加することもできるのもSMP!2021の特徴です。ライブでの発表の機会とリモートでの機会をHybridに組み合わせ、東北エリア、関東、中国、四国エリアなどから広く団体が集うことができ、一年間の実りを伝え合いながら大いに盛り上がりました。

また、運営スタッフも参加団体と同様に各地から募り、コンテンツの検討やZOOM操作、SNS担当、記録担当などに分かれ、Webを使用してMTGを重ねながら準備をしました。それぞれの担当者が主体的に準備に関わることで、自分の得意な分野を発揮したり、スキルアップにつなげるなど、準備の時間も楽しく充実した時間であったと感じています。

当日の内容としては、30m×30mのフロアショー、ダンスパフォーマンス、クラリネットアンサンブル、民謡などなど。各チームも、昨年より慣れてきたのか、<ノリ>も加わってそれぞれのスタイルで、楽しく盛り上げてくださいました。

>大人も子供も世代、地域、世界は違えど同じことを頑張っている仲間 
>同じことで皆で笑顔になれるって素敵ですね 
>観ていて本当にHAPPYになれます

こんな、嬉しいコメントもいただきました。
 
SMP!は、ただ単に「感染症対応のためにオンラインで実施した」ということとは違い、理念としてきた「音楽を通して、世代を越え、距離を越えて繋がっていくこと」を大切に、自分たちで創り上げた「特別なイベント」です。かねてから、形にこだわらず自由な発想で積極的に画像やデジタル音源を用いて行きました。そのトライアルが、制限の多い環境でも音楽を楽しめる可能性を感じさせてくれて、想像以上の楽しさや感動を体感することができたと思っています。

まだまだ、感染症対策はせざるを得ない状況にありますが、様々な工夫や仲間と協調してして取り組むことで、さらに活動の可能性を広げていくことができるように感じています。来年は今年よりさらに多くの機会で、皆さまにお会いし、音楽での活動で感動を分かち合えることを信じています。引き続き感染拡大防止に気をつけ、心穏やかに生活していきましょう。良い年をお迎えください。

SBA 村上

パーカッションコラボ映像第3弾!

  2021シーズン、パーカッションコラボ映像第3弾が完成しました!

オンラインレッスンで繋がった仲間たちが曲を作り上げ、それぞれ練習を重ねて撮影に臨みました。今回のテーマはクリスマス🎅🎄🎁


叩く🥁シーンだけじゃなく、クラッカー🎉や乾杯🥂のシーンも撮影して賑やかなムード🌟

ギミックにもチャレンジしています!

ナチュラルな叩き方や表情で伝えること、などの課題点はありますが、この時期ピッタリでHotな動画が完成しました✨

どうぞご覧ください!



Sirius Music Party! 2021 終了しました!

12月5日(プレイベント)19日(メインイベント)、2021 Sirius Music Party!(SMP!)が開催されました。今年は秋シーズンから、各地で無理なくできる範囲で発表会や交流練習会をライブで開催してきました。12月のSMP!はそれらをリモートシステム(Zoom)でつなぐような流れで開催しました。


参加者は小学生バンドから高校生、一般のチーム、プロパフォーマー、タイのアンサンブルチーム、と様々です。ライブパフォーマンスをパワフルに発表したチームもあれば、事前録画で参加、リラックスムードで観覧したチームも。それぞれのスタイルで、楽しい時間を共有しました!動画ならではの表現も増え、昨年より面白くパワーアップした楽しみが増えた印象です。

当日は各地で雪の報告もありました⛄️しかし、気持ちはHotに!盛り上がってます♪と参加者同士のオープンチャットでやり取り。クリスマス気分でノリノリな写真もアップされ、開始時間前からワクワクでした😊

ダンプレで元気なパフォーマンスからまさかのサプライズパフォーマンスもあったり…地域色豊かな発表も。「花笠音頭」の音楽に乗せたパフォーマンスは素敵でした。今のシーズンにぴったりなクリスマス曲、そしてサンタクロース&トナカイコスチュームで応援しているチーム!1回目から2回目に向けて進化を感じたイベントでもありました。ライブでも映像でも、音楽、ビジュアルパフォーマンスを自由に組み合わせて。

リモートシステムで音楽を伝えるのにはどうしても制限があると感じていましたが、この環境だからこそ楽しめる、遊べる感覚もありました!声援や拍手をお互いに送り合って、Zoom越しとは思えない、目の前で体感したような濃い1時間でした…🌟"一緒に楽しい時間を過ごす〜応援を楽しむ"、とても素敵な時間が流れた2回のSMP!は多くの方々に参加いただき、無事終了しました。

2021 Sirius Music Party!

"2021 Sirius Music Party!(SMP!)" the event was held twice, on December 5 and 19, 2021, and ended successfully. This event started in December 2000, is now in its 21st year, aiming to be a collaboration rather than a competition.

The band players have been working hard in spite of various restrictions on their activities due to COVID-19. We have been holding live performances and workshops as much as we can. in December, SMP! was held in a remote system (Zoom) to connect them. Although the environment in each location is very different, we gathered at Zoom as we did last year to perform shows and cheer each other on.

On the day of the event, some bands presented powerful live performances, while others participated in pre-recorded sessions and watched in a relaxed atmosphere. In each style, we shared a good time! We had always felt that there were inevitably limitations to communicating music through Zoom, but the sense of being able to enjoy and play with the music because of this environment was refreshing.


Meet Our Wonderful Friends!

 ■Kenji Okubo(大窪研二)

At the pre-event, Mr. Kenji gave an overwhelmingly powerful and penetrating performance!

プレイベントでは、圧倒的なパワーで突き抜けたパフォーマンスを披露くださった大窪さん!

Kenji Okubo has been teaching many bands and artists in Japan and abroad. He is a member of the professional drumming group "Core", which uses marching percussion, and is also active as a solo player. He has appeared at events, TV programs, and touring live performances of artists all over the country, captivating audiences with his powerful drumming.

国内外多くのバンドやアーティストを指導されている大窪研二さん。マーチングパーカッションを用いたプロドラム集団「鼓和-core-」で、そしてソロプレーヤーとしても活躍されています。全国各地のイベント、テレビ番組、アーティストのツアーライブに出演され、力強いドラミングで聴衆を魅了されています。

http://core-percussion.com/


■北海道旭川永嶺高等学校

The players of Eiryo High School Band were the last to perform at the pre-event, dancing and playing with great energy!

プレイベントではトリで、ノリノリのダンプレを披露下さった永嶺高校の皆さん!

Hello! We are Asahikawa Eiryo High School in Hokkaido! We are practicing hard every day with the goal of becoming "Heart ♡Full Music". We will bring you a performance that will touch your heart, a smile, and a feeling of gratitude. Dancing & Playing" is a fusion of dance and brass band music, and originated in Hokkaido. Please pay attention to the "captivating brass band" performance while dancing intensely.

こんにちは!北海道旭川永嶺高等学校です!私たちはハート♡Full Music”を目標に日々 練習に励んでいます。皆様の心に響く演奏と、笑顔、感謝の気持ちをお届けします。ダンス と吹奏楽の融合”Dancing&Playing”略してダンプレは北海道発祥のパフォーマンスです。 激しく踊りながらの魅せる吹奏楽演奏にご注目ください。

TwitterFacebookYoutube

Meet Our Wonderful Friends!

canvas

For the pre-event, "canvas" moved to Yokohama in a hurry and participated with COZMIC and Kozukue Elementary School Marching Band!

プレイベントでは急遽横浜に移動して、COZMICや小机小MBと一緒に参加された「canvas」の皆さん!

We are the ensemble unit "canvas" from Kanagawa Prefecture! We have been the name of Odawara Marching Band, but now we are going to use this unit name to expand our scope. The name "canvas" means "let's draw all kinds of things from now on". Our theme is "Life & Music". We enjoy music as a color in our lives. 

神奈川県から参加します、アンサンブルユニット「canvas」です!<小田原マーチングバンド>で活動してきていますが、今回、幅を広げるためにこのユニット名で参加します。「これから色々なものを描いていこう🎨」という意味を込めてcanvas。 私たちは「Life & Music」をテーマに、音楽を暮らしの彩りとして楽しんでいます。 


■HMB大仙市立花館小学校マーチングバンド


At the pre-event, it was just a video, but at the main event, it's the HMB members performing live!

プレイベントでは映像での参加でしたが、メインイベントではライブで演奏演技されるHMBの皆さんです!

Hello everyone, this is the HMB Hanadate Elementary School Marching Band from Daisen City. We are 25 members who love music and friends, and we enjoy our daily activities under the slogan, "Let's spread a circle of smiles with heartfelt sound from Hanadate. The title of this year's show is "Counting Song - Let's Spread a Circle of Smiles". I hope we can connect with the world, even if it's just one small step. I hope we can connect with the world, even if it's just a small step. We will enjoy our performance.

みなさん、こんにちは。HMB大仙市立花館小学校マーチングバンドです。音楽と仲間が大好きな隊員25名、「花館から心を込めたサウンドで笑顔の輪を広げよう」を合い言葉に、日々の活動に楽しく取り組んでいます。今年のショータイトルは「Counting Song~笑顔のWAを広げよう~」。小さな一歩でも、世界中とつながれるといいな。そんな思いを込めました。楽しんで演奏演技します。

応援よろしくお願いします!

続いてのパフォーマーは.......>>

Meet Our Wonderful Friends!

 ■from Thailand

Mr. Kasem joined us the last year's SMP!, he joined us again the December 5th pre-event, while driving (in the passenger seat, of course, not while driving 😅). He always gives us inspiration for the joy of music and international exchange.

昨年のSMP!、そして12月5日のプレイベントには何とドライブ中に参加くださったKasemさん(もちろん助手席で運転中ではありません😅)いつも音楽と国際交流の楽しさのインスピレーションを私たちにプレゼントくださいます。

Mr. Kasem from Thailand🇹🇭, is a percussionist with the Royal Bangkok Symphony Orchestra and teaches many groups. He always delivers beautiful music that resonate with us, teach music in his own unique way.

タイ🇹🇭からSMP!に合流くださるKasemさんは、ロイヤルバンコックシンフォニーオーケストラ打楽器奏者、多くのグループの指導されています。とてもフレンドリーで、これまでもここに集まっているバンドへ訪問してくださいました。

This year, the clarinet ensemble of Kasetsart University, where Kasem is a member, will be participating in the video.

今年は、Kasemさんが務めているKasetsart大学のクラリネットアンサンブルの皆さんが、動画で参加くださることになりました。


横浜市立小机小学校マーチングバンド

At the pre-event, I'd like to introduce the Kozukue Elementary School Marching Band, along with COZMIC and canvas, delivered a performance from the music room! A high school player asked me, "Are you really an elementary school student?" I was so happy to hear that! We'll do our best for the main event!

プレイベントでは、COZMIC、canvasのみなさんと一緒に音楽室からの演奏を届けてくださった小机小学校マーチングバンドの皆さんを紹介します!高校生プレーヤーから、"本当に小学生ですか!?"って言われて最高にハッピー!!メインイベントも頑張ります!

Hello! We are the Kozukue Elementary School Marching Band from Yokohama, with 29 members from 2nd to 6th grade. The title of this year's show is "Time Travelers," a nostalgic song and melody familiar to all generations. I'm sure you'll find yourself wanting to sing along. Let's have some fun together!

こんにちは!横浜市立小机小学校マーチングバンドです。2年生〜6年生の29人のメンバーで、元気に活動しています。今年度のショータイトルは「時をかける〜Time Travelers〜」です。世代を超えて親しまれる懐かしのあの曲、あのメロディ...つい口ずさみたくなるのではないでしょうか?聴いてくださる皆さんも、ぜひぜひ一緒に楽しみましょう!

続いてのパフォーマーは.......>>

Meet Our Wonderful Friends!

■COZMIC

COZMIC is a new group that started their activities in Yokohama in 2021, and after their first stage on October 24, they are the new face of Sirius Music Party!

2021年に横浜で活動をスタートした新しいグループ、COZMIC。10月24日に初のステージを終え、Sirius Music Party!に初めて参加します。


We are former players of the Kozukue Elementary School Marching Band. This spring we got together and formed a new band. We participate in the band as a way to refresh ourselves in between schoolwork and club activities we are involved in. The number of times we participate and the style of practice are decided by each of us, and each of us takes initiative in our activities. We would like to make many memories with you.

私たちは横浜市立小机小学校マーチングバンドの卒業生で、今年の春に希望者が集まり、新しいバンドを結成しました。学業やそれぞれ入ってる部活動の合間に、リフレッシュ気分で参加しています。参加する回数も、練習のスタイルも自分で決め、それぞれが主体的に活動をしています。みなさんと一緒に思い出をたくさん作りたいと思います。

Let’s have fun together!

Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corps

The Indigoes joined us last year, this time they presented a wonderful show with video. At the pre-event, they used the Clapperboard to made SMP a lot of fun!

昨年も参加くださったIndigoesの皆さん!今回は映像で素敵なショーを披露いただき、そしてプレイベントではClapperboard(通称〜カチンコ(^^))で、一緒にSMP!を盛り上げてくださいました!

We are the "Tokushima Indigoes Drum & Bugle Corps" from Tokushima Prefecture! We have a wide range of ages, from first year junior high school students to adults, and we meet every week with the motto of "community-based activities"! This year we have created a show called "THE CINEMA" with the theme of making movies. Please sit back and enjoy with us!

徳島県から昨年に引き続き参加します、「Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corps」です!中学1年生から社会人まで幅広い年齢で「地域に根ざした活動」をモットーに毎週集まって活動しています!今年度は"THE CINEMA"というタイトルで映画作りをテーマにショーを作りました。よろしくお願いします!

Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corps【official blog】FacebookTwitter


■倉敷翠松高等学校マーチングバンド”Crystal Sounds”

At the pre-event, they presented a friendly and fun performance they recently gave at a local elementary school. The members of Crystal Sounds are known for their wide range of performances.

プレイベントでは、最近地域の小学校で行なった、フレンドリーで楽しい演奏演技を披露。幅の広いパフォーマンスが魅力のCrystal Soundsの皆さんです。

This year's theme title is "HOME" - Behind the Door. We adopted "Kaerou" by Kaze Fujii, an artist from Okayama Prefecture who is currently making a big breakthrough, and "Daijo-bu" by Radwimps, which was used in the movie "The Weather Boy. We hope that our show, which expresses "liberation" and "cohesion", will make you feel warm and fuzzy.

今年のテーマタイトルは "HOME" Behind the Door〜。現在大ブレイク中の岡山県出身アーティスト,藤井風さんの「帰ろう」や,映画「天気の子」で使われたRADWIMPSの「大丈夫」を採用しました。コロナ禍だからこそ,<解放>と<寄り添い>を表現した私たちのshowを通して,あったか〜い気持ちになって頂ければ幸いです❤️

FacebookTwitterYoutube

続いてのパフォーマーは.......>>

Meet Our Wonderful Friends!

 ■Sensational ZIP

プレイベントでは、練習会場からクールでスタイリッシュなパフォーマンスを披露くださったS.ZIPの皆さん。翌週の由利本荘市でのパフォーマンスは、ご来場の観客のみならず参加したスクールバンドのプレーヤーを魅了しました。

At the pre-event, S.ZIP gave a cool and stylish performance from the practice hall. Their performance in Yurihonjo City the following week attracted not only the audience but also the school band players who participated.

Sensational ZIPは、秋田県大仙市を拠点に、高校生から一般社会人まで幅広い年代で活動しているマーチングバンドです。私たちは今年発足30周年を迎えることができました。これまで支えて下さった地域の方々や世界各地の仲間たち、今回SMP!でご一緒する皆さんに感謝の気持ちを込めて演奏します!

Sensational ZIP is a marching band based in Daisen City, Akita Prefecture, with members ranging in age from high school students to adults. This year, we celebrated our 30th anniversary. We will be performing to express our gratitude to the people in the community who have supported us, to our friends around the world, and to everyone who will be joining us at SMP!



Mountain Ash Yamagata

山形から参加のMountain Ashの皆さん、プレイベントではクリスマス仕様の衣装で楽しく参加くださいました。

Mountain Ash Yamagata, They enjoyed participating in the pre-event in their Christmas costumes!

私たちは、『それぞれのライフスタイルの中で音楽を楽しむ』ことを大切に活動しています。今回は、山形に関連した音楽で山形の良いところを皆さんにお届けしたいと動画撮影を進めています。是非、お楽しみください♪

We are working with the idea of 'enjoying music in our own lifestyles'. This time, we are filming a video to bring the best of Yamagata to you with music related to Yamagata. We hope you enjoy it.


Meet Our Wonderful Friends!

2021 SMP!に参加するパフォーマー、グループをあらためて紹介します。12月5日に行われたプレイベントの順番で、その時の様子もレビューしながら紹介していきます!


Yellow Street Brass

トップバッターはYSBから!プレイベントで披露くださったのは"Christmas medley"。19日のメインイベントでは代表の三崎さんがライブ参加の予定です!

The top performer was YSB! At the pre-event, they showed the video and Christmas medley that they prepared beforehand. Mr. Misaki, the representative of the YSB, will join the live performance at the main event on the 19th!



SENDAI Verdures

プレイベントでは、発足当時から演奏されているお馴染みの曲、『ヘイ!パチューコ』で、楽しく弾けたパフォーマンスを披露くださったSENDAI Verdures の皆さんです!

We are proud to present the Sendai Verdures! At the pre-event, they gave a fun and lively performance of "Hey! Pachuco", a song they have been playing since their inception.

こんにちは!SENDAI Verdures(センダイヴァーデュアーズ)です!私たちは仙台市内を中心に活動している一般マーチングバンドです。Verdureとは『新緑の若葉・若葉の緑』を意味し、杜の都・仙台をイメージしてつけられました。

Hello! We are the SENDAI Verdures! We are an independent marching band active mainly in Sendai City. The name "Verdure" means "fresh young leaves and green", and was named after the image of Sendai, the tree-clad city.


■ Hajime Nogami(野上孟)

作曲・編曲、技術指導から全体の演出まで幅広く、国内外のマーチングバンドを指導されている野上孟さん。ドラムセットやマーチングテナードラムのアーティストとしても活動されています。

Mr. Hajime Nogami has taught a wide range of marching bands in Japan and abroad, from composing and arranging music, technical guidance to overall direction. He is also active as a drum set and marching tenor drum artist.



今回もスケジュールの都合でライブでの合流は適いませんが、SMP!用に映像を制作くださり、メインイベントで初披露します!

Due to scheduling conflicts, he will not be able to join us for the live performance this time, but he has produced a video for SMP! that will be shown for the first time at the main event!


続いてのパフォーマーは.......>>

The First Day of 2021 SMP!

 12/5に2021 Sirius Music Party!の初日を終えました✨

集まれるグループは感染防止に配慮して同じ場所から。集まらずに自宅から参加されたプレーヤーも。昨年に続き今年もリモートで、そしてハイブリッドな方法で開催しました。

横浜では3グループが同じカメラから参加。一緒に演奏する場面と、それぞれのグループの発表を組み合わせ、そして他団体とのコミュニケーションは大型スクリーンで楽しみながら盛り上がりました。

今年はよりスムーズに繋がることができ、「離れていても一緒に楽しめる」「お互いのパフォーマンスを身近に感じられる」そんな時間になりました。

リモート観戦の楽しみ方も、小道具を使ったりそれぞれのチームで工夫しながら…。一足早くクリスマスムードも漂い、それぞれの場所で盛り上がりました😊










学生チームの元気溢れるパフォーマンスや、一般チームの大人の雰囲気も素敵で、次の本番への良い刺激にもなりました。また、合間に入るMCでは声援や感想を送り合い、終始和やかなムードでした♪

今回見えた課題を改善し、より良い交流ができるよう進めていきます!


次回は12/19に開催します🎵

2021 Sirius Music Party!

感染防止に配慮し工夫しながらライブで交流練習会を開いたり、リモートシステム(主にZoom)を用いてテクニックを磨いてきたり。2021 Sirius Music Party!では、一年の活動の実りをお互いに披露しながら"Happy"を交換していきます。今年もそれぞれの場所から、オリジナリティ溢れる演奏や演技を披露し拍手や声援を送り合う、小さなパーティを企画しています。

At the 2021 Sirius Music Party, we will exchange "Happiness" with each other by showing the fruits of our activities during the season. We are planning to have a small party where we can show off our original performances, and cheer and applaud each other from different places. Enjoy!


Sirius Music Party!

2021年12月5日(日)日本時間11時〜12時(ウェルカムコンサート10時〜)
2021年12月19日(日)日本時間11時〜12時(ウェルカムコンサート10時〜)

December 5, 2021, 11am-12pm JST (Welcome Concert from 10am~)
December 19, 2021, 11am-12pm JST (Welcome Concert from 10am~)

Party Participants!
 
☆ S.Zip
☆ Yellow Street Brass
☆ M.Ash Yamagata
☆ 大仙市立花館小学校マーチングバンド
☆ 旭川永嶺高校吹奏楽部
☆ COZMIC
☆ パーカッショニスト、指導者の大窪硏二さん
☆ 横浜市立小机小学校マーチングバンド
☆ Tokushima Indigoes drum&bugle corps パーカッションメンバー
☆ Royal Bangkok Symphony Orchestra、バンド指導者のカセムさん
☆ SENDAI Verdures
☆ CANVAS
☆ パーカッショニスト、指導者の野上孟さん
☆ 倉敷翠松高校吹奏楽部

Using Zoom!

・スマートフォンで、お住いの部屋やスタジオ、屋外からでも参加できます
・体育館等に集まって〜大型モニター・スピーカーを利用して盛り上がりましょう

・You can join with your smartphone from your place, as your room, studio or outdoors.
・Gather at the gymnasium - Let's enjoy using the large monitor and speakers!

Before the Party!

グループ名や活動状況やレパートリーなど、互いを知ってパーティーに集まるとより盛り上がるでしょう。LINE オープンチャットを利用して、楽しくコミュニケーションを取り、当日を迎えましょう!

Get to know each other's group names, activities, repertoire, etc. and have fun communicating with each other using SNS (LINE Open Chat) and have a great time on the day of the party!

2021 SMP! 1ヶ月前になりました

Sirius Music Party!(SMP!)開催約1ヶ月前の10月30日(日)。参加グループのリーダーを中心に、リモート(Zoom)を介して顔合わせを行いました。各グループの近況報告を交えながら意見交換やSMP!の概要の確認しました。
今年のSMP!は12月5日と19日。グループによって、プレーヤーは自宅からでも、感染防止に配慮し集まる形でも、それぞれの形で参加し、遠隔地をリモートでつないでいきます。 

ライブ演奏でも、事前に録画収録した映像でもOK。無理なく手軽に参加できるように企画しています。拍手や応援を送ったり。クリスマスパーティーのような(ちょっと前ですが😅)、2021年の活動の実りを皆で楽しんでいきます。

参加者同士が楽しく交流できるように、LINEオープンチャットをスタートしました。グループ紹介から、練習・演技シーンから練習素材まで、当日だけではなく事前に様々に楽しいソースを共有していきます。当日までの期間も盛り沢山な内容で楽しんでいます。

開催まであと少し!ワクワクですね🌟 

2021 Odawara Music Festa 開催!

 
本年9月にオープンしたばかりの小田原三の丸ホールにて、10月23日、24日に小田原地区5チームによる交流会、「2021 Odawara Music Festa」が開催されました。

コロナ禍の活動自粛で10月に入って久々に練習再開したチームも、できる範囲で無理なく参加できるように、舞台上でリハーサルを楽しみながら、発表を行う形で進めました。イベント内ではパーカッションワークショップも開催。パーカッションのプレイヤーはもちろん、管楽器のプレイヤーも参加し、基本から楽しく教えて頂きました!

今回は感染防止のため一般公開はしませんでしたが、チームごとの演奏では他チームのプレイヤー達が観客となり、手拍子や拍手を送り合い、音楽やマーチングを通して交流を楽しむ、素敵なイベントになりました(*^^*)

プレイヤーや運営スタッフの感想です♪

新しいホールでのトライアルイベント。新しいチャレンジにドキドキわくわくでした!

また来年も素敵なイベントにしていきます


2021マーチング・イン・オカヤマ開催♪

2021年10月10日(日)岡山市内にてマーチング・バトンの素晴らしさをアピールすると共に、岡山を”音楽の街” ”マーチングの街”として発信する大会としてマーチング・イン・オカヤマ(MIO)が開催されました。

これまでMIOでは、Music Party♪ in OKAYAMAとして多くのマーチング・バトン団体が合流して合同演奏を行ってきました。今回は、大会の様子をMIO事務局の矢野さんよりご紹介していただきます。

--------------------------

今年こそは通常大会と同じくお客さんの来場や拍手をいただきながら、演奏や演技が出来る体制をと思い準備を進めていましたが、全国的な感染拡大に伴い、開催地である岡山県も緊急事態宣言の対象地域となりました。

MIO開催の1ヶ月前、9月初旬には岡山県全体で感染者が100名を超える状況となり、本当に開催が可能なのかを運営委員会等で協議し、安全対策に気をつけつつ、開催準備を進めました。

MIO当日は、絶好のマーチング日和となり(会場は屋内)晴れの国らしい雲ひとつ無い晴天に。

コロナ禍の為、実際に観客の皆さまにご来場いただき、各参加団体の演奏・演技をご鑑賞いただけなかった事が残念でしたが、LIVE配信を併用したハイブリッド大会として実施をしました。

来年は、ぜひ岡山の会場にて多くの皆さまにご鑑賞いただけるよう、準備を進めて参ります。

2021パーカッションコラボ映像第2弾!完成

2021シーズン、パーカッションコラボ映像第2弾が完成しました!!


前回はお野菜を持っての柔かな動画を作成しましたが、今回は9月の雨をイメージしたクールな作品に仕上がりました✨

中には今シーズンからレギュラーグリップを練習し始めた方も居ますが、数ヶ月でレベルアップしました👍

今回も、自分のペースで練習を進めて撮影期間を設定してそれぞれの場所で撮りました。秋の爽やかな風景の中撮影した人も🌾🍁🍄

チームは違うのに1つの作品ができるというのはなんとも不思議で、そしてとても嬉しいです😌

ぜひぜひ、ご覧ください♪



なんと、次回の企画がもうスタートしています!

そちらもお楽しみに⭐️

Percussion Friends企画始動!

2021シーズン パーカッション・コラボ映像第1弾!はコチラ

Team SNS Meeting

 Music Party!をきっかけにつながっているグループは、それぞれの形でSNSを活用しています。しかし......小さなグループでは担当者が限られ、頑張って発信を続けるものの、なかなか大変.......活動も発信も楽しんでやれると良いのですが。

今回、グループの枠を超えて、意見交換したり、協力して何かできないかとTeam SNSを組んで意見交換をしたり様々な垣根を越えて協力を始めました。まだ始めたばかりですが、話題をリンクできればと、ブログ記事を事前にプランしたり、Team SNSのメンバーで記事作成を振り分けたり。今まで不規則に更新していたBlogやTwitterを定期的に更新して、より楽しく話題を共有できるような工夫について、話を進めました。

記事のたたき台作成の担当や記事校正の担当など。時には今までやったことのないことにチャレンジしたり、お互いをフォローし合い、足りない部分を補ったりしていくことを確認しました。

BlogやTwitterを通して、Music Party!の魅力を今までま以上に伝えていけたら…と思っています。

リモート・交流練習会

9月18日10:00から、リモートでの交流練習会のトライアルイベントを開催しました。このイベントは、10月24日に予定されているミュージックフェスタを、今年の活動の一つの"目玉"にしてきている団体に呼びかけたものでした。

コロナ感染のフェーズが変わり、秋のイベント開催がさまざまに難しくなっています。音楽を発表する機会であることと同時に、他の団体の方々と会う機会が無くなっている今、どのような状況でも"できない=0"にするのではなく、今できること、楽しめることの一つとして設けてみました。

昨年からリモート練習会に参加を続けてきた方々は、リモートでのコミュニケーションに慣れ新しい楽しみ方を見出しています。しかしなかなかリモートのツール使用を使う機会もなく慣れない、という方々も少なくありません。今回は、新しい環境を楽しく試してみるというところから始めてみました。単に接続の練習ではなく、今後のパーカッションの練習を見据えて、みんなで手拍子をしたり、それを聞き合ったりしながら一緒に楽しく試しました。

参加いただいた方からは、

わかりやすくおもしろい指導であっという間の時間でした!実際に参加した生徒のみなさんの感じを見て、楽しくワークショップができるイメージがわきました!次、もし可能なら、部活の生徒も何人か代表で見させてもらえるとイメージできてよいと思いました。学校の通信環境も事前に試して、確認しておきたいと思います。

オンライン化がなかなか進まない状況ですが、他団体の子供達のチャレンジする様子に勇気をもらえました。私の地区の学生たちにも浸透していくといいなぁと、思いました💭

と嬉しい感想をいただいています。次回にも新しい仲間と合流し、チャレンジを楽しんでいきたいと思います。

Music Party! T-shirt

2007

関西、関東、東北のプレーヤーが集うSirius Music Party!(SMP!)で、お揃いのTシャツでパフォーマンスしよう!と初めて作成しました。 プレーヤーの間でアイディアを出し合いデザインを進めていきました。

<2007 Brand New T-shirt>

黒地に白いロゴはシンプルでしたが、各地から集まったプレーヤーはステージ上で一体感を感じ、盛り上がりました!


2009

神奈川県立青少年センターで行われたSMP!では、

同じロゴデザイン、そしてTシャツのカラーを自由に選んで、カラフルにステージを彩りました!前回の黒Tシャツも併用して、場面を切り替えていきました。


2012

東日本大震災の年、延期しながらも様々なハードルを乗り越えて無事開催された2011年SMP!。翌年も続いて福島テルサで開催となりました。

空を彩るレインボーカラーをイメージしたTシャツで!第一弾、第二弾Tシャツと同じロゴデザインが、虹の上に浮かんでいます。


2015

お揃いのTシャツ第4弾!ロゴの字体が丸みを帯び、キュートになりました(^^)

パズル〜様々な形と色のピース組み合わせて、一つの大きな絵を描こう!私たちの活動の楽しさを表すデザインで彩りました。


2018

初のネイビーブルーの生地に、レインボーカラーのサークル。紙飛行機が飛んでいく夢のあるデザインが採用されました。

各地からプレーヤーが集い、共演を重ねてきたSirius Music Party!。それぞれのコスチュームカラーで個性を発揮しながら、一つになる場面では、お揃いのTシャツで一体感を楽しんできました。

皆でデザインを出し合い実現してきたプロセスも大切な思い出です。演技を見てくださる多くの方々に笑顔を届けたい、そしてもちろん私たちもカジュアルに一体感を楽しみたい。その時々の参加者の思い、集うことのできた瞬間の思い出がデザインと共に引き継がれていきます。

北海道旭川永嶺高校吹奏楽部

昨年末のSirius Music Party! 2020に初参加された「北海道旭川永嶺高校吹奏楽部」。当日はパワフルな演奏と演技(動き)が魅力なダンプレで、参加した仲間たちを魅力しました。

4月には新しい部員を迎え、益々元気に活動されている様子を、顧問の本田先生よりお知らせいただきました!



北海道旭川永嶺高等学校吹奏楽部です。当校は旭川市街地環状線沿いにある比較的新しい学校です。

近隣の学校と統合し6年目、前身の凌雲高校からの歴史としては 吹奏楽部は26年の歴史があります。

こちらの仲間では「ダンス&プレイ(ダンプレ)」スタイルをご紹介させていただきました。



”ダンス”から派生した新しい演奏スタイルです。

自由な動きでどのような場所でも対応しやすく、レパートリーも増やせることから、様々な場所で演奏演技を披露することができます。

そのおかげで、旭川各地のイベントに招待され、演奏させていただく機会に恵まれています。

今後ぜひ、練習風景やイベント前日のランスルーの様子など、紹介させていただければ嬉しいです。

野菜でリズム遊び ーパーカッション・コラボ映像ー

2021シーズン、パーカッション・コラボ映像第1弾!
「野菜でリズム遊び」動画が完成しました🍅🍇🌽



楽器経験の有無を問わず、たくさんの方に楽しんでいただけたら…という想いから
参加者の皆でアイデアを出し合いながら作成しました!

🎶完成した動画がこちら👇


前回のコラボ映像に比べると演奏の内容は易しかったのですが、

どんな表情で、どんな角度で映るか、どんな風に観せられるか

それぞれが考え、向き合いながら撮影にチャレンジし、楽しみつつとても良い経験となりました☺️

また次回の企画も楽しみながら進めていきます😆

Fresh Green Season! (2)

Report from Mountain Ash Yamagata(山形)
自宅や屋外でそれぞれ練習会を楽しんでいます。山形の名物「芋煮会」を行う川原で♪橋の下なら急な雨もしのげます!天気の良い日曜日の午前、とても気持ちよく演奏しています。

パーカッションはリズム遊び動画を撮りながら、写り方や編集の研究もしています📹6月からは様子を見ながら可能なら集まっての練習会も再開したいと考えています。

Report from S.Zip(秋田)
パーカッションパートには、青森県からもメンバーが参加!昨年の内容に加えて注意力のトレーニング等も行っています✨

以下、具体的にはなりますが…
右手は親指を出してグー✊️
左手は親指を中に握る形でグー✊️
これを交互にやる…等の脳の活性化のトレーニングです!
毎回新しい方法で楽しんでいます☺️

コロナ対策で突然の制限があり、集まれなくなったこともありました。しかし自宅でもできるだけシームレスに活動を楽しめるように進めてきたことから、練習自体を止めることなく、安心を得ながら進めることができています。


外で演奏するのも気持ちの良い季節になってきました。これからも安全を確保しつつ、楽しんでいきましょう!

Fresh Green Season! (1)

5月に入り、各地の団体には新しい仲間も増え、新鮮な空気感で活動をスタートしています。「Hybrid!」をキーワードに、5月も様々に工夫し活動を楽しみました。

◯ 毎年練習交流を行なっている大仙市立花館小学校と横浜市立小机小学校は、新入部員が入り初めてのオンライン交流会を行いました。上級生は久しぶりの再会に、そして新入部員は初めての交流会に、ワクワク・ドキドキ!短い時間でしたが盛り上がりました!

◯ 各地の一般団体プレーヤーは、毎週日曜にオンラインで練習会をスタートしました。ブラスは課題になる曲を用いてプロプレーヤーのアドバイスを受けています。アーティキュレーションのポイントからブレスのイメージまで幅広く、そして細やかに。内容やどの曲を選ぶかなど、事前に参加者同士でやりとりしながら積極的に意見交換して進めています。



◯ パーカッションのレッスンでは、フィジカルなポイントだけでなくメンタル的なところにも注目。集中力や注意力を養いながら、短い時間ではありますがしっかりと脳を動かして!また、多くの人に楽しんでもらいたいと、リズム遊びの動画企画も同時に進行しており、6月末に完成・発表する予定です!(写り方や編集の研究中(^^))

地域、団体の枠を超えてそれぞれができることを出し合いながら、とても良い雰囲気で進んでいます。

Let's Enjoy Our Moment!

新年度になり早くも一ヶ月が過ぎました。コロナ禍でなかなか見通せないところもありますが、音楽に触れ、今できるパフォーマンスを楽しんでいきたいと思います😎

Music Party!の繋がりで、楽しいイベントや練習会、交流会などが様々に催されていますが、その中の一つ、リモート練習会が昨年よりステップアップしてスタートしています。

大曲、山形、横浜、小田原の4拠点を中心にいくつかのプランが動き出しています。そして.....見学者も来て下さり、すでに一緒に参加を始めているプレーヤーも!”Hybrid”をキーワードに、私たちのプランをお伝えしていきます。  


Enjoy our Sunday morning!

それぞれの地域環境、参加者の状況、そして天気(!)にも合わせて、野外や人数に対し広めの会場で練習を行っています。オンラインで練習を繋げていて、その場所に足を運べない人でも参加可能です。状況的に音出しができない人もいますが、それぞれが工夫しながら、同じ時間を一緒に楽しんでいます。5月のスケジュールは、

5月2日
5月16日
5月23日

オンライン練習会は9:30に集まり、気持ちを盛り上げて12時まで、ブラス、パーカッションそれぞれ1時間程度行います。会場でもオンラインを用いることで距離を保ち、より安全に練習できる様に工夫しています。(より詳細なスケジュールについては、4拠点それぞれのグループにより異なりますので確認ください)
Hybridなところ〜In-person(対面)でもOn lineでも!  


Songs!

♪ブラスアンサンブル
♪ブラスとパーカッションでアンサンブル

3つの音楽に取り組んでいます。
Hybridなところ〜アンサンブルでライブな音を楽しんだり、録音録画でコラボ映像を作成して楽しんだり。  


Music together!

初夏の空気が気持ちいい野外で安全に、演奏できる機会をそれぞれの地域で企画しています。スクールバンドとコラボし、距離を保ちながら時には生音を届け音楽を楽しむ、そんな企画も始めています。
Hybridなところ〜練習と音楽披露する機会を組み合わせます!

Percussion Friends企画始動!

2020年度はオンラインレッスン・練習会を通じて、みんなで1つのコラボムービーを作成して楽しみました。


今年度はそれを活かして更にレベルアップしたパフォーマンスを実現したり、コラボムービーを幾つか作成したい!と参加者から希望があり、計画をしています😊

そしてHybridに✨それぞれの場所・団体で発表できるショー、集まれなくてもオンラインや動画で発表できるドラムライン、また、誰でも簡単に真似できちゃうお楽しみ動画、などなど!!

去年よりも盛り沢山な内容で進めています😆

第2回・マーチング・ラウンドテーブル

先日4都府県を対象に、再び緊急事態宣言が発令されました。コロナ疲れというワードも行き交う様になってしまいましたが、少しでも心穏やかに、余暇である音楽活動の中で、できることを楽しんでいきたいと考えています。私たちはオンライン会議(Zoom)を用いて、各地の仲間たちと時間を共有し、状況を伝え合ったりアイディアを共有する第2回ラウンドテーブルを開催しました。(SBA Team SNS 美斉津レポート)

-----------

小学校バンドの卒業生が集まって新しい活動を企画している新しい話から、今年はハイブリッドでできることをやっていこうというアイディアの交換まで。無理なく集まれる時に、気候の良い頃にアウトドアでアンサンブルを行なって、できれば地域の方に披露しながら、状況によっては自宅からオンラインでポイントを絞って練習する方向など、様々に話が展開していきました。

私たちは、つい"形"にこだわり過ぎてしまうということ、掘り下げた話も展開しました。発表の機会や練習の方法など、新しいアイディアが求められ試せるタイミングでもあるのに、どうしても今までと同じ形の中に押しとどめてしまう。既存の形だけではなく、見えないルール=今までこうだったから、ということなども。立ち止まって、理由を掘り下げること、そこから始めていこうという話題が出ました。

-----------

一つの団体が活動を始める時。最初に集まった仲間はコミュニティが出来るけれども、後から入ってくる人たちはその結果や表面的な部分の憧れから行動していきます。その差が幅や広がりとなれば良いのですが、後から追う人はどうしても形を追い、どこか背負う様な形になりがちということ。これから仲間になってくれる方々とは、活動の芯の部分を意識してコミュニケーションを取りながらやっていきたいという意見。

周囲の環境がこれほど大きく変わると、どうしたら良いのだろう?と悩むことも多いのですが、ラウンドテーブルではそれも共有して構えず話してみる、するとアイディアが出てくる楽しさがありました。

TAIKO~Rhythm in Motion

TAIKO~Rhythm in Motion~(TAIKO RM)、2019年4月に秋田で開催したパーカッションのワークショップとステージパフォーマンスのイベントは、その後どの様な活動につながっていっているのでしょう。Sesnsational Zip 代表の武藤さんにインタビューさせていただき、その時を振り返りや、その後についてのお話を伺いました。(インタビューアー・中西)

English version>>

●イベントの経緯

秋田では、マーチング活動でつながっている方々と、地域でのイベントをいろいろ試しながら開催してきています。TAIKO RMとプレミアム交流会〜 秋田マーチング&バトンショー、一見別々のイベントのようですが、私たちSesnsational Zipも関わらせていただきながら、同じ地域の先生方と協力して開催に至りました。

前例のないイベントに注目していただくことはなかなか難しく、ワークショップに参加くださった人数は多かったのですが、ステージショーについての集客が十分であったとは言えませんでした。

しかし、そこで新しく出会ったパーカッションプレーヤーの皆さんとの絆が、2020年のオンライン交流会(SMP!)開催へと繋がり、大きな原動力となりました。


 ●コロナ禍で

2020年はコロナ禍でこれまでの様な活動が難しくなりました。しかし、以前から『自分たちの状況に合わせた活動の楽しみ方』を模索していた私たちには、TAIKO RMでの経験を生かすことができました。コロナのせいで、ではなく、コロナをきっかけに様々に試すことに思考を広げることができました。

コロナ以前にも、TAIKO RMを通じて、BGMに合わせてドラムの生演奏をしたり、国際交流〜タイで活躍されているカセムさんとの関係をもてたり、大窪先生にご指導いただいてのドラムラインなど、新しいことに様々挑戦してきました。それをヒントに、コロナ禍でのニューノーマルとして自然と移行することができ、2020年のオンライン交流での成果となりました。


●プロとアマチュア、地域を越え一緒にプレーする機会

『大会の様な枠組みではないイベント』ということもあり、プロパフォーマーと共に音楽演技を楽しむことができました。自分たちだけではできない経験をたくさんさせていただき、メンバーはより一層パーカッションの楽しみを感じた様です。

TAIKO RMでは秋田の外からのパフォーマーも多く参加してくださいました。共に演奏することの楽しさを実感し、それをさらに周りに伝えていくという、良い空気感が生まれています。地域を超えて様々な団体から参加した人たちが、現在は自分の団体でリーダーとして活動していますが、オンラインでは距離に関係なく一緒に練習を行うことができます。コロナ禍で必要に迫られたオンラインシステムの利用の必要性が、すでにあった人のつながりを生かすことになり、新しい練習会を生むことになりました。

それぞれの団体で、新しい世代のリーダーが生まれていることが率直に嬉しい。そして、新しい可能性が芽生え、マーチングを通じて互いに学び合っていくことができるということを、メンバーと共に感じ、活動を前に進めています。

TAIKO~Rhythm in Motion (English version)

 TAIKO~Rhythm in Motion~(TAIKO RM), the percussion workshop and stage performance event held in Akita, Japan, in April 2019, has led to what kind of activities since then? I interviewed Mr. Muto, the representative of Sesnsational ZIP. I asked him about the event and what he has done since then. (Interviewer: Emiko Nakanishi)

●Background of the event

In Omagari, Daisen City, Akita Prefecture, we have been trying out various events in the community with people who are connected through marching band activities. TAIKO RM and Premium Exchange Party - Akita Marching & Baton Show, at first glance, seem to be two separate events, but S.Zip was also involved in the event and collaborated with teachers in the same area to organize it.

It was difficult to get people to pay attention to an unprecedented event, and although the number of people who attended the workshop was large, we were not able to attract enough people for the stage show. However, the bonds we formed with the new percussion players we met there were a big driving force for us to organize the 2020 online social event (Sirius Music Party!).

 ●Under the circumstances of COVID 19

COVID 19 infection spread in 2020. It was difficult for us to do the same activities as before. However, we were able to make use of our experience at TAIKO RM, as we had been looking for ways to enjoy activities that fit our situation. We were able to expand our thinking to try various things.

Through TAIKO RM, I have tried many new things such as live drumming to background music, international exchange - I was able to have a relationship with Mr. Kasem who is active in Thailand, and a drum line under the guidance of Mr. Okubo. With this as a hint, we were able to transition naturally to the new normal. 

●Opportunities for professionals and amateurs to play together

As it was an "non-competitive event", the members were able to enjoy the musical performance with professional performers. We were able to experience something that we could not have done on our own, and the members enjoyed percussion even more.

Many performers from outside our area participated in TAIKO RM. A good atmosphere has been created in which people can experience the joy of performing together and further pass it on to others. People who participated from various groups across the region are now working as leaders in their own groups, and online we can practice together regardless of distance. The need to use the online system, necessitated by the Corona disaster, has led to the creation of new practice sessions, taking advantage of the human connections that already existed.

I am frankly happy that a new generation of leaders is being born in each group. I also feel with the members that new possibilities are sprouting and that we can learn from each other through marching, and we are moving forward with our activities.