練習会を開きました!(小田原ジュニアバンド)

小田原周辺で活動している小中学校の音楽団体が集まって、一緒に活動を行なっている小田原ジュニアバンド。今日は団体の状況に応じて合流したり、リモートで繋がったりしました。



小田原市立白山中学校吹奏楽部が、同市立泉中学校に移動し、2校の吹奏楽部が合同練習。練習後には、同市立国府津中学校吹奏楽部と小学生が活動する箱根21がリモートで、久しぶりに顔合わせしました。

小田原ジュニアバンドは、10月に小田原城下、ちょうちん祭りのステージで多くの方に演奏を披露し、喝采をいただいています。今日はそれ以来で久々の合流の日となりました。

今日は初めて、リモートでコミュニケーションにチャレンジしました。

   

 初めてのことで、回線がうまく繋がらず、急遽スマートフォンのビデオ通話で参戦も!😆手探りなことが沢山ありますが、皆で協力しながら音楽を楽しんでいきたいと思います。

SMP!まで2ヶ月

2022 Sirius Music Party!(SMP!)開催まで2ヶ月となりました。チケットの販売は12月12日から開始の予定です。

2022 SMP!はどんなステージに?

各グループの発表を順に行うだけではなく、一緒にパフォーマンスできる機会を柔軟に作っていきます。もちろん、合同演奏のための準備が、活動の負荷にならないように。予め、サイズの小さなグループ中心に連絡を取り合い、同じ曲を地域イベントで発表したり、練習映像を交換して互いの励みにしながら、秋の活動を進めてきました。例えば.....


他にもスコアを共有しながら。SMP!では、それらの曲を一緒に演奏し、いつもよりスケールの大きな演奏を楽しんでいきます。
 
大きなステージを仕上げ披露するというより、作り込まず自然に感じていただける手作り感のあるイベントを目指していきます。

MCは複数名で楽しく!(4人くらいでプレーヤーと楽しくおしゃべりしながら?)ご来場の皆さまには等身大のプレーヤーの表情やワクワク感を見ていただけるように、合同演奏のリハーサルも公開で行う方向で準備を進めています。

ライブでのSMP!は3年ぶり、そしてホールステージではなんと5年ぶりになります。久々で運営準備経験が途切れているところが多く、またコロナ禍という環境の難しさもありますが、いろいろな意見を取り入れ、話し合うことを大切にしながら準備を進めています。

秋田で合流!~2~

山形から合流した平尾さん。

「いつかは対面で練習会をしたい!と願っていたことがやっと現実のものとなり、秋田へ伺いました!!実際に会うと少し人見知り!?のような嬉し恥ずかし自己紹介タイムからスタート♫練習はリモートレッスンの素材を活かしとてもスムーズに始まりました。」

「ライブで練習する中では、リモートとは違う気づきも多く、メンバーにとってはあっと言う間の時間だったようです。小田原で開催されるSMP!では合同で発表するコンテンツも予定しており、1つのチームとなってショーコンテンツを相談する時間は楽しく、とても新鮮でした。」


S.Zip 伊藤智江子さんより。

「リモートで繋がりながら、それぞれの地で創り上げてきた、同じパーカッションショーの演目を初めて対面で合奏することが出来ました🥁」

「大人数でドラムをたたく様子はまさに壮観でした✨小田原のステージでの披露が楽しみです🎶」

秋田で合流!~1~

Zoomでつながり一緒に練習を重ねてきた各地の仲間が、11月20日に冬の入り口の秋田、大曲に集まって練習を行いました。


神奈川から合流した鎌田さん。

「秋田では、ひと月くらい季節が進んでいるようで…渡り鳥がたくさん飛んでいてとても美しい場所でした。リモート練習で毎週のように顔を合わせていたせいか、初めてのような気がしない不思議な感覚でした…!」

「初めての方やお久しぶりの方にもたくさんお会いでき、温かく迎えて頂いて嬉しかったです✨ここからSMP!へ向けて、より一層楽しみが倍増しました!次回は小田原でお待ちしております🙌」


S.Zip 伊藤大樹さんからもレビューをいただきました。

「ブラスは偶然年代が近いメンバーの集合となりお互いの体に配慮しながらストレッチをしました。基礎合奏ではリモートで共有している楽譜を使い、Articulationでは大きな音で吹くことができ心地よい時間でした。」

「Zipでは金管楽器が主体ということもあり鎌田さんのフルート、ピッコロは新鮮でした!木管パートが入るとタイミングが合わせ易いことが判明!勉強になりました!小田原でのイベントが楽しみです!」