ラウンドテーブル(意見交換、フリーディスカッション)を開催しました

2020年シーズンは、いつものように練習会場に集まって皆で練習することが難しい時期がありました。そのような状況下でもリモートシステムを使って複数の団体が協力し、練習会を行なっていきました。 

SBAでは、団体のリーダー的な方々が参加するDirectorチームがあり、MP!開催や情報交換を行なっています。音楽を楽しみたいという共通の思いのもとで、単体では行き詰ってしまいがちなことも枠を越えて話し合い、それぞれ補い合ったり力を出し合っています。

2月に入り、連絡を取り合う中で「引き続き連携し、お互いの状況を共有することで次のシーズンに繋がることが見つけられれば…」と言う提案がきっかけで、ラウンドテーブルの機会を設けました。そこでは互いの"今"を伝え合う気軽な話から始まり、質問し合ったり、アイディアを出し合ったりと自然と話が進んでいきました。

話してみて…それぞれが感じていた以上に、課題や問題、やってみたいことが共通していました。自分たちだけが悩んでいたのではないと感じてほっとしたり、案外軽いことに感じたり。
さらには、「これまでは受け身でいることが多かったので、2021年は自発的に進んでいきたいよね!」との前向きな話にも。とても有意義な時間を共有することが出来ました。

今回はSMP!運営に関わるオフィシャルな機会ではなく、フリーに、集まって話をしてみましょうという流れでしたが、形に拘らずできる時にコミュニケーションを取る機会を広げ、皆で楽しみながら、それを音楽にのせていければと思います。

ぜひ、Twitterやブログ等のSNSを通して各チームの今後の様子もご覧ください。

2021 → 2022

2020 Sirius Music Party!開催から一ヶ月が過ぎました。2021年の年明けには都市部を中心に緊急事態宣言が再び出され、地域、仕事や学校など生活環境によって対応が異なる難しい状況が現在も続いています。

多くの人が一つの場所に集まることが難しくなった2020年。音楽はライブで、一緒の空間で楽しめるのが楽しい、このことは変わらないように思いますが、安全を最優先にし、今できること・今だからやれること、そして、皆で楽しめることを考えました。

コロナ禍で多くの人が使うようになったリモートコミュニケーションツール。以前から遠い地域の団体との交流などで使用してきましたが、特に2020年は積極的に用い、様々に試行錯誤してきました。年末のSMP!はそれらのアイディアをパズルのように組み合わせ、楽しい時間を共有していきました。

リモートコミュニケーションは、できなくなったことの応急策のイメージが強く、また実際にそういう形で用いられることが多いのかもしれません。しかし、私たちは新しい生活様式を取り入れ安心して生活できる日を願うのと同じく、少しでも、小さくても「今までにない新しい発想を楽しむことができれば」と工夫してみました。

 集まれる状況にあるグループは、もちろん安全に配慮して集まり、しかし移動せず自宅から参加した方もいました。海外からも、まさしくボーダレスに集まって声を掛け合う瞬間には、今まで体験したことのない喜びが生まれました。

同じ時間を共有する面白さも体感しました。録画を見るのとはまた違う、オンタイムでのパフォーマンスは例え画面の向こうであってもパフォーマーの気持ちが強く伝わってくるようで、思わず拍手をしてしまいます。その拍手はパフォーマーに伝わっていきます。今までにない体験は、音楽・パフォーマンスの魅力を再認識するような、心に残る思い出となりました。

2020 SMP! レビュー>>

2021年、私たちはコロナ感染の1日も早い終息を願い信じていますが、withコロナの世の中でもそれぞれがやれることを楽しみながら、そして、一緒に楽しめる場面を共に考えながら前に進んでいけたらと思っています。

February: Roundtable to discuss activities for 2021-2022

2021年2月はRoundtable〜円卓を囲むように、皆で向き合って話し合いを重ねていきます。

ありがとうございました😀

先日のSirius Music Party!(SMP!)では、多くの皆さまのご協力をいただき、とても良い流れで終了することができました。ありがとうございました。

誰もが頑張った2020年。今回のSMP!ではお互いに拍手を送り合えるような、皆でコンパクトなイベントを目指しました。また、20年のSMP!を振り返る機会にもなりました。

今回は小学校バンドからプロまで、そして個人、小グループやチームでの参加など、パフォーマンスのスタイルも様々でした。また、日本だけでなく、海外からも参加していただき、直接、会うことができなくても、音楽を通じて同じ時間を共有できたことをとても嬉しく感じています。まさに、2020年にふさわしいhybrid(多種が混じり合うこと)なSMP!だったと思います。

各グループ、パフォーマーの演奏演技は、見て、聞いている人に伝えようと、画面の向こう側であってもビリビリと伝わってくるものでした。長い時間や期間をかけて出来上がる演技やライブは基本形かもしれませんし大きな魅力ですが、今回のように短い時間でもできるような、様々な選択肢も有用だと感じることができました。

国内の感染状況は、まだ厳しい状況ではありますが、海外ではCOVID19予防ワクチンの話題が出始めました。1日も早く終息することを願い、そして引き続き感染防止に気をつけ、心穏やかに生活していきましょう。来年は皆さまと安心して会える環境になることを信じて、同時に、こうして繋がれるツールも生かして、未来を築いていきましょう。SMP!2021もhybridに。

SBA代表・村上晃一

2020 Sirius Music Party! 盛り上がりました😁

2020 Sirius Music Party!、12月13日と20日の2日間、無事に終了しました。

コロナ禍で様々に難しい環境の中、誰もが考え工夫し頑張ってきた2020年。音楽で心をつなげて拍手を贈り合えるといいなあ......皆でディスカッションを重ね、リモートシステムを利用してそれぞれの場所から安全に配慮し、互いの演奏や演技を披露したり拍手や声援を送りあう小さなイベントを開催しました。 



☆ S. Zip
☆ Yellow Street Brass
☆ Mountain Ash Yamagata
☆ 大仙市立花館小学校マーチングバンド
☆ 旭川永嶺高校吹奏楽部
☆ 大窪硏二
☆ 横浜市立小机小学校マーチングバンド
☆ Tokushima Indigoes drum&bugle corps パーカッションメンバー
☆ Kasem Thipayametrakul
☆ SENDAI Verdures
☆ Ensemble from Odawara
☆ 野上孟
☆ 倉敷翠松高校吹奏楽部
☆ Koji Mori & Brittany
☆ 中西恵美子(司会)

小学校バンドから高校・一般団体、そしてプロパフォーマーまで。ソロパフォーマンスからフルサイズのフォーメーションショーまで、その演技スタイルもバラエティーに富んでいました。参加者は日本国内だけではなくアメリカ、タイからのゲストも。イベント開催時刻は日本時間で午前11時からでしたが、アメリカは前日の日付の夕刻、タイは日本時間より2時間早いスタートでした。

リモートシステムにはZoomを用いました。スマートフォン一つで参加し、他のパフォーマンスを見ながら時間が来たらカメラで配信したパフォーマー、体育館に大画面モニターとスピーカーを準備し、全員でイベントを楽しんだバンドも。参加の仕方はそれぞれ。初日13日は試しながらの手探りでしたが、1週間後の2回目にはパフォーマンスもリモートでの接続もバージョンアップして楽しむことができました。