小田原 北條五代音楽祭

2022年5月3日、小田原三の丸ホールにおいて3年ぶりとなる北條五代音楽祭が開催されました。小田原マーチングバンドも中心スタッフとなり、地元の観光協会やラジオ局と共同して準備を進めました。
当日は、多くの団体がホールへ集まり、チアやバトンチーム、吹奏楽など思い思いに演奏演技を披露し、拍手を送り合いました。またその様子はライブ配信を通じて、多くの方々にご覧いただくことができました。
今回のイベントでは「小田原ジュニアバンド」と銘打ち、市内中学校2校の吹奏楽部と小中学生の一般バンドの計3団体にて構成された合同バンドを結成。 
数回の練習と、BGMを活用した演奏スタイルで、新しい試みとなりました。 

 本番は、堂々と演奏し、会場いっぱいに春らしい音楽が広がりました。参加者からは、他バンドとつながりが作れて嬉しい、今後の活動に新しい形として取り入れていきたい、などの感想をいただきました。 
メンバーもスタッフも新しいチャレンジをすることができた今回のイベント。これをきっかけに新しいつながりが生まれたことを嬉しく思っています。

Spring Party! in Yamagata

桜満開の山形県にて🌸
 4月16日(土)、Mountain Ash YamagataがSpring Party!を開催しました。
  
これまで他県のバンドと一緒に行なっていたオンラインレッスンで取り組んだ曲を発表したり、 山形といえば…!ということで、オリジナルのさくらんぼ🍒メドレーを構成して演奏したりと、春の息吹とともに音楽を存分に楽しみました。 

また、新たな楽しみ方も。
これまでの練習で撮りためてきた記録動画をメンバーが編集し、みんなで鑑賞をしました。
思い出を語り合いながら温かい時間となりました。 

 

〜参加したスタッフ・メンバーの感想から〜 

 『みんなで集まる楽しさ』 

一緒に楽しむ時間を作る楽しさと大切さを改めて感じました。 
他のパートと一緒に演奏ができ、人に見てもらう演奏ができたことが嬉しかったです。 
オンラインも活用し、ミーティングを度々行なったことで、方向性を定期的に確認することができてよかったです。 
当日、久しぶりにメンバーに会えて嬉しかったです。 

 『楽に、楽しむ!』 

気負わずに、マイペースに、気楽に、取り組めました。 
準備も、少ない時間で集中して行ないました。 
今回、練習に全員が集まれないことを前提に、無理のないスケジュールを立てました。
これまで撮った動画で準備できたため、活動が負担にならず楽しくできました。 

 『新しいことへのチャレンジ!』 

一つの動画を繋いだり、多重演奏など動画編集チャレンジし、幅を広げられました。
将来的にSNSなど、外に発信してみたいです。

2021年度の総まとめと2022年度のスタートとしてステキな時間になりました🎶

MP! T-Shirt




各地からプレーヤーが集い、一緒にパフォーマンスを行う機会を作ってきたMusic Party!では、お揃いのTシャツが皆を楽しく繋ぎ、音楽パフォーマンスを盛り上げてきました。







 






一般に、マーチングといえばインパクトのあるユニフォームやコスチュームがアイコンとなりますが、MP!ではTシャツで、カジュアル&シンプルに。普段別々に活動しているグループ、活動場所の距離を超えて、私たちを繋いでくれます。そして、ホールや広場など発表の場所に集まってくださった観客の方々に、私たちのワクワクした気持ちを伝える大切なアイテムになります。

New Season!

間も無く新年度。各地で桜が開花し、東京では本日満開宣言が出ました。

12月のSirius Music Party!の終了後、参加くださった団体の間で、各地で小さな交流の機会が生まれました。小学校バンドの指導者同士で情報交換をしたり、Lineのオープンチャット を用いて高校生中心にパーカッションのことを学んだり、小学生に紹介させていただいたりと、MP!をきっかけに新たな輪もできています。

3月21日には全国のまん延防止等重点措置が解除になり、活動が再開できる状況になった団体もありますが、未だ難しい状況の地域もあると伺っています。シーズンラストの演奏会を開催できた団体のお話、また、活動が難しかった団体のお話も伺いました。新型コロナが1日も早く終息することを願い、できることを工夫していきたいと思います。

私の住むエリア〜小田原では、5月3日に市内最大のイベント「北条五代祭り」が開催されていて、吹奏楽団体のパレードを永く開催してきました。しかし、ここ2年は、イベント自体の開催が難しく中止となっていました。

来たる5月には、吹奏楽団体のパレードに変えて、新しくできたホール(市民ホール)で吹奏楽を中心とした音楽祭を開催することになりました。今できる形を工夫して、柔軟に発表と交流の場を設けていきたいと思います。


コロナ禍で工夫して取り組んできた練習会や交流会。今期は、もちろん安全に気をつけながら、In Person(対面)での活動の割合を増やしていく傾向にありそうですし、そう願っています。既存の形に縛られず、Hybridでさらに新しい活動スタイルを楽しんでいきましょう。 

 Sirius Band Activities 村上晃一

After the Party!

Sirius Music Party!(SMP!)には、小学校バンドから高校吹奏楽部、社会人一般団体からプロプレーヤーまで幅広く集いました。イベント後、様々な形やつながり方で小さな交流が続いています。 バンドリーダーが集い、基礎技術の上達を目指して、練習方法についてSNSで情報交換したり、バンドスタッフを中心に選曲など音楽情報に関するディスカッションを行ったり。


2月には小学校バンドの指導者が集い、短い時間ではありましたが、バンドを運営についての情報交換を行いました。名付けてSMP!チーム小学校😃

互いにアイデアを出し合ったり、時には出身地や地元の話で盛り上がるなど…充実した時間になりました。異なる地域だからこそ互いの意見やアイディアが新鮮で面白い。遠方で活動する仲間と繋がれるがれるのは、SMP!の楽しさのひとつでもあります。今後も、各地にTeam小学校の輪を広げていきたいと思います。

パーカッションコラボ映像レビュー!

2020シーズンに引き続き2021シーズンもリモートワークショップを開催しながら、各地の仲間と一緒に、3つのパーカッションコラボ映像作品を公開しました。

 
🍅第一弾>>クリック!

🌾第二弾>>クリック!

🎄第三弾>>クリック!

多くの方に楽しんでいただける企画を作りたいという思いから、リズム遊びの動画をはじめ、その時々の季節に合わせたイメージの作品となりました。

これまでにチャレンジしたことのないグリップにチャレンジしたり、リモートワークショップで学び合い、それぞれがスキルアップを図りながら出来た作品です。

2022シーズンも繋がりを大切にしながら、また進化した作品にもチャレンジしていきたいと思います!

>>2020シーズン

New Season

2022シーズンに向けて、Music Party!つながりでグループ、プレーヤーのやり取りがアクティブになってきました!グループ内でのコミュニケーションだけではなく、遠方のグループ同士でも気軽に意見交換などを始めています。 

2〜3月には様々な意見交換のセッションやワークショップ(Zoom)を企画しています。2年間活発に展開したリモート練習会ではレベルを上げていきましたが、もう一度基本に戻って、誰でも気軽に参加できる機会を楽しく設けたいと考えています。


5〜6月、爽やかな屋外で、安全に集まってアンサンブルできる機会を企画していきます。共有できる新曲も準備中。


10〜11月、各地で開催予定のMusic Party!を繋いでいきます。12月には前回よりさらに気軽に!ライブでも録画でも自由に参加して、シーズンの実りを共感できる機会を作っていきます。


昨年は、Hybridだからこそワクワクできる、楽しめることもたくさん発見しました。秋〜冬にはライブでのイベントや練習交流会を実現でき、充実した時間を過ごすことができました。2022年も、今の状況をきっかけに発見できることや試せることにチャレンジしていきたいと思います。

2022-2023 Music Party! & SBA ビジョン(案)

2022-2023 Music Party! & SBAビジョン(案) (2022.01.20更新)

私たちの活動は、各団体や参加者が主体的に関われるような、ボトムアップの流れにより注目し配慮していきます。バランスよく横のつながりも大切にしながら、必要に応じてSBA BR(代表スタッフ)はリーダーシップを確実に発揮できるように、心がけていきます。

次の3つのポイントを柱として意識し、私たちの活動のプランのきっかけにもしていきたいと考えています。

--------------------------

1. Relation
地域・世代を越えた、人やバンドの繋がり、オンラインを活用し実演と併せてhybridで

2. Sustainability

困難な状況を無理やり乗り越えるのではなく、知恵と工夫で続けていく体制を構築

3. Pleasure
音楽を楽しむ活動を通じて、仲間と共に喜びを分かち合える活動

--------------------------

1. Relation(繋がり)

Music Party! & SBAの2022-2023の活動で最も大切にしたいと考えているのは、異なる地域で活動している団体同士が横のつながりを持ち、単体のチームではできない活動を創り出していくことです。私たちは22年間の活動の中で、さまざまに工夫しながら遠方のチームとも情報共有をし活動を創ってきました。2019年からの、世界的な新型コロナウイルス感染症の拡がりにもオンラインで対応し、ミーティングや交流会、発表イベントを開催してきています。積み重ねてきたノウハウを活かしながら、世代を越えた繋がりを大切にし、実演での発表だけでなくオンラインも活用しながらhybridでイベントや交流を創っていきたいと考えます。

◯具体的な提案

・秋頃(9-11月)にMusic Party!を開催(ホール or 体育館など)
・感染状況により、オンラインも活用(準備、広報では、Web を効果的に活用)
・それぞれの地区でのMP! などの情報共有を行い、それらの開催のノウハウを蓄積したり、情報共有をしながら進めていく。


2. Sustainability(持続可能性)

適切なコンテンツを皆で意見交換しながら見出していきます。結果の大きさに頼るような、困難な状況をなんとか乗り越えるのではなく、情報共有と議論を大切にし、合意形成のもとに創り上げるところに重点を置きます。これからの活動を考えたときに、この部分の組織的な体制整備を進めていくことが大切であり、一部の個人の努力やアイディアで活動を継続するようでは、持続可能な活動とは言えません。(プロ、アマ関係なく)参加している人の知恵と工夫でより良い活動環境を創っていきたいと考えています。

◯具体的な提案

・SBA規約ほか、組織としての整備、会計関係の整備 ・行政や他業種との繋がりや、スポンサーシップの検討


3. Pleasure(楽しみ)

上記の通り、Relation(繋がり)やSustainability(持続可能性)を方針の柱として掲げていますが、いずれの場合も、 営利目的で行なっている事業とはなり得ません。参加者が活動にPleasure(楽しみ)を感じ、主体的に関われることで、活動の広がりや発展を目指していきたいと考えます。そのためには、どのような時にも、ワーク&ライフバランスを十分に保ち、その中で達成感を感じ楽しめる活動を作っていく必要があります。

◯具体的な提案

・団体が交流や発表の場を自ら創り出し実現できる取り組みを
・オリジナリティのある音楽、ビジュアルの創出、委嘱作品(プロの協力を要請) ・映像や記録、イラスト、ロゴ、WEB デザインなど(プロ&アマチュアで協力)・グッズなど