2023 Sirius Music Party!は、再び小田原三の丸ホールで!!

マーチングをベースに、演奏やダンスで感動をお届けする楽しいイベント、"Sirius Music Party!"。地元小田原市内は元より、各地から吹奏楽部や一般団体のプレーヤーが集います。

TAIKO~Rhythm in Motion

TAIKO~Rhythm in Motion~(TAIKO RM)、2019年4月に秋田で開催したパーカッションのワークショップとステージパフォーマンスのイベントは、その後どの様な活動につながっていっているのでしょう。Sesnsational Zip 代表の武藤さんにインタビューさせていただき、その時を振り返りや、その後についてのお話を伺いました。(インタビューアー・中西)

English version>>

●イベントの経緯

秋田では、マーチング活動でつながっている方々と、地域でのイベントをいろいろ試しながら開催してきています。TAIKO RMとプレミアム交流会〜 秋田マーチング&バトンショー、一見別々のイベントのようですが、私たちSesnsational Zipも関わらせていただきながら、同じ地域の先生方と協力して開催に至りました。

前例のないイベントに注目していただくことはなかなか難しく、ワークショップに参加くださった人数は多かったのですが、ステージショーについての集客が十分であったとは言えませんでした。

しかし、そこで新しく出会ったパーカッションプレーヤーの皆さんとの絆が、2020年のオンライン交流会(SMP!)開催へと繋がり、大きな原動力となりました。


 ●コロナ禍で

2020年はコロナ禍でこれまでの様な活動が難しくなりました。しかし、以前から『自分たちの状況に合わせた活動の楽しみ方』を模索していた私たちには、TAIKO RMでの経験を生かすことができました。コロナのせいで、ではなく、コロナをきっかけに様々に試すことに思考を広げることができました。

コロナ以前にも、TAIKO RMを通じて、BGMに合わせてドラムの生演奏をしたり、国際交流〜タイで活躍されているカセムさんとの関係をもてたり、大窪先生にご指導いただいてのドラムラインなど、新しいことに様々挑戦してきました。それをヒントに、コロナ禍でのニューノーマルとして自然と移行することができ、2020年のオンライン交流での成果となりました。


●プロとアマチュア、地域を越え一緒にプレーする機会

『大会の様な枠組みではないイベント』ということもあり、プロパフォーマーと共に音楽演技を楽しむことができました。自分たちだけではできない経験をたくさんさせていただき、メンバーはより一層パーカッションの楽しみを感じた様です。

TAIKO RMでは秋田の外からのパフォーマーも多く参加してくださいました。共に演奏することの楽しさを実感し、それをさらに周りに伝えていくという、良い空気感が生まれています。地域を超えて様々な団体から参加した人たちが、現在は自分の団体でリーダーとして活動していますが、オンラインでは距離に関係なく一緒に練習を行うことができます。コロナ禍で必要に迫られたオンラインシステムの利用の必要性が、すでにあった人のつながりを生かすことになり、新しい練習会を生むことになりました。

それぞれの団体で、新しい世代のリーダーが生まれていることが率直に嬉しい。そして、新しい可能性が芽生え、マーチングを通じて互いに学び合っていくことができるということを、メンバーと共に感じ、活動を前に進めています。

TAIKO~Rhythm in Motion (English version)

 TAIKO~Rhythm in Motion~(TAIKO RM), the percussion workshop and stage performance event held in Akita, Japan, in April 2019, has led to what kind of activities since then? I interviewed Mr. Muto, the representative of Sesnsational ZIP. I asked him about the event and what he has done since then. (Interviewer: Emiko Nakanishi)

●Background of the event

In Omagari, Daisen City, Akita Prefecture, we have been trying out various events in the community with people who are connected through marching band activities. TAIKO RM and Premium Exchange Party - Akita Marching & Baton Show, at first glance, seem to be two separate events, but S.Zip was also involved in the event and collaborated with teachers in the same area to organize it.

It was difficult to get people to pay attention to an unprecedented event, and although the number of people who attended the workshop was large, we were not able to attract enough people for the stage show. However, the bonds we formed with the new percussion players we met there were a big driving force for us to organize the 2020 online social event (Sirius Music Party!).

 ●Under the circumstances of COVID 19

COVID 19 infection spread in 2020. It was difficult for us to do the same activities as before. However, we were able to make use of our experience at TAIKO RM, as we had been looking for ways to enjoy activities that fit our situation. We were able to expand our thinking to try various things.

Through TAIKO RM, I have tried many new things such as live drumming to background music, international exchange - I was able to have a relationship with Mr. Kasem who is active in Thailand, and a drum line under the guidance of Mr. Okubo. With this as a hint, we were able to transition naturally to the new normal. 

●Opportunities for professionals and amateurs to play together

As it was an "non-competitive event", the members were able to enjoy the musical performance with professional performers. We were able to experience something that we could not have done on our own, and the members enjoyed percussion even more.

Many performers from outside our area participated in TAIKO RM. A good atmosphere has been created in which people can experience the joy of performing together and further pass it on to others. People who participated from various groups across the region are now working as leaders in their own groups, and online we can practice together regardless of distance. The need to use the online system, necessitated by the Corona disaster, has led to the creation of new practice sessions, taking advantage of the human connections that already existed.

I am frankly happy that a new generation of leaders is being born in each group. I also feel with the members that new possibilities are sprouting and that we can learn from each other through marching, and we are moving forward with our activities.