合同練習会を開催しました(横浜)

9月9日(日)、小坪小学校、小机小学校、小田原東高校が集まり、横浜市金沢産業振興センターにて、合同練習を行いました。夏の頑張りを発表しよう、そして広い体育館でドリルのレベルアップをしようということを目当てにして、交流を楽しみながら練習を進めました。

昨年の合同練習会の様子

昨年に引き続き、夏が終わったこのタイミングで合同練習をもつことができ、お互いの練習を見合ってアドバイスをしてみたり、指導者同士で進め方を学び合ったりと、夏にそれぞれで頑張ってきたからこそ、皆でさらなる成長に挑戦できるという、濃い時間になりました。そして、なんと、頑張る子どもたちにご褒美が!

近くで練習をしていた、THE YOKOHAMA SCOUTSの皆さんが、子どもたちのために練習のスケジュールを変更し、駆けつけてくださいました。小学生たちのランスルーに大きく拍手や声援で盛り上げてくださいました!客席とつながるって楽しい!!



その後には、なんとTHE YOKOHAMA SCOUTS さんの今年のショーを披露してくださることに!



ウォーミングアップからかっこいい!立ち姿もかっこいい!演奏が始まってからは、体育館いっぱいに広がる演奏演技の迫力、情熱に感動の渦でした。

ショーは、客席とのキャッチボールであるということを子どもたちが体感し、見守ってくださる保護者の方とも一緒に、演奏する方も見ている方も思いを伝え合う素敵な時間を作ることができたのではないかと思います。成長を感じ、そして新たな目標を得ることができた1日でした(^^)


参加校指導者より

子どもも大人も、たくさんの刺激を受けた一日でした。ドリル曲を産業振興センターで行ったこと、小坪さんやスカウツさんの演奏を見たこと、小机の演奏をたくさんの方に聴いてもらったこと(そして大いにリアクションをしていただいたこと)…今日の刺激は、「マーチングって楽しい、カッコイイ」という子どもの気持ちをさらに大きくさせたんじゃないかな…と思った一日でした。(小机小学校・太田)

小田原東高校のみなさんが、歩くときのポイントを教えてくださったり、子どもたちの会話をつなげてくださったりして、勉強になりましたし、子どもたちの仲が深まったように思います。子どもの振り返りでは、他校のいいところを見つけられてよかった、基礎をしっかりやりたい、やりたいことを考えたいなどがでていました。勉強になった1日でした。ありがとうございました。
(小坪小学校・梅田)

部長の振り返りに「やりたいことが増えた」とあったこと、とてもうれしかったです。みなさんに刺激を受けて、自分たちのショーを見せるんだ!見せたいんだ!そのために作りたい!そんな気持ちが芽生えたこと、大きな経験だと思います。役員さんに1日の感想を伺ったら、両校の成長の幅がすごい!みなさんに見てもらえたら、、、と感動してくださっていました。子どもたちのパワー、すごいですね!と。そういう場面を見ていただけてよかったと思います。スカウツのお兄さんお姉さんにもたくさん力をもらいました。感謝です。(小机小学校・田尻)


子どもも大人もお互いに刺激をもらえたし、よりよい練習って?ということを考えることができました。 スカウツのショーも見せてもらえ、とても楽しくて刺激的な1日でした。 この繋がりを大切に、よりよいものにしていきたいなと思いました! (小坪小学校・鳥田)

小学生の元気なパワーは高校生にもインパクトがあります。 そしてみんなが楽しそうに取り組んでいる、そこの部分が全体のモチベーションを上げているように感じました。 15分という細かい時間に区切り、集中力が常に維持できているのも良かったです。 最初のランスルーからあの短い練習時間での最後のランスルーの成長を考えると、日頃の短時間での要領よく進める練習の大切さを感じました。 事前にきちんと打ち合わせを行い、要領よく練習が進められるように生徒とも再度練習の行い方を考えていくきっかけをもらうことができました。 昼休みは一緒に遊んでいましたし、お互いに楽しく過ごせていて良かったです。 生徒も我々教員も非常に良い経験になりました。 (小田原東高校・眞田)

Spotlight: 1999 Union Band

2018年8月26日、小田原アリーナ(神奈川県小田原市)にて、神奈川県吹奏楽連盟マーチングコンテストが今年も盛大に開催されました。

19年前の1999年8月、このマーチングコンテストにエキシビジョンとして参加させていただいた"Kanagawa Union Band"。中高吹奏楽部、一般団体が協力しマーチングを楽しむ機会を作ろうとこの夏にスタートしました。「マーチングバンドを経験したい」という気持ちを持ちつつも、環境がなく活動できずにいる経験者や、これからやってみたいがきっかけがないという初心者など、中学生から社会人まで約70名が集まりました。当時の吹奏楽連盟マーチング実行委員が企画、神奈川県吹奏楽連盟の応援をいただき実現しました。


Kanagawa Union Band について


わずか3回のリハーサルで実現したパフォーマンス。Union Bandの活動はその後、Marching Band Siriusの活動、そしてMusic Party開催につながっていきます。Union Bandの活動に参加し、やがて大会にエントリーするようになった吹奏楽部や、団体を指導している方も少なくありません。

2000年代に入ってマーチングの活動はメディアでも多く取り上げられるようになり広がっていきましたが、最近ではクラブ活動のあり方を見直す話題が増え、環境も変わってきています。改めて参加者にとって有意義で、より大勢が楽しみながら関わることができる活動のあり方、新鮮なアイディアが求められていますが、19年前に団体の枠を超え、限られた回数でパフォーマンスを実現したUnion Bandのアイディアやチャレンジ〜Music Party!につながる原点をもう一度振り返ってみたいと思います。

Music Party♪ in Okayama 2018

Music Party♪ in Okayama(楽器を持ってOkayamaへ)

昨年に引き続き「Music Party♪ in Okayama」と題して合同演奏演技を実施いたします。『楽器を持ってOkayamaへ!』をテーマに合同演奏に参加し、音楽・マーチングの輪を広げていきます。



Music Party♪ in Okayama インフォメーション
2017年(昨年)のMusic Party♪ in Okayama レビューベージ